「つむぎの秋」展に行く

 日曜日は、かねてから楽しみにしていた真木テキスタイルスタジオ『つむぎの秋』展に行ってきた。

 この日は、藍染めの先生のブライアンさんのところに滞在しているジャスティンと生徒のキャサリンを八王子駅でピックアップして、真木さんのところまで車で移動し、過ごす日、ということで英語が苦手な私はプレッシャーに感じていた。それにこの日は、田中ぱるばさんの映像トークや真木千秋さんのお話会もあり、織物に興味がある外国人の二人に、英語で説明出来るかも不安だった。

 お店に着くと、素敵な作品・様々な美しい糸に、ジャスティンは興奮気味。そして、そんな熱くなってるジャスティンにスタッフの方々は、親切に対応してくださいました。
b0129381_855855.jpg

 様々な種類・色も豊富な糸のサンプル

 店内を興奮しながらまわってみていると、ほどなく映像トークの時間に。お店とは別の建物の古民家の2階に移動。ぱるばさんの映像トークでは、作品に使う様々な蚕・カシミヤ(やぎの毛)・ヤク(チベット牛)がどのように糸になっていくかを映像を交えて説明してくださった。外国人の二人には、スタッフの方が通訳をしてくださり、ありがたかった。織物に興味があるジャスティン・キャサリンも、とても熱心に聴いていた。
 
 続いての真木千秋さんのお話会では、ganga工房のことを伺った。
b0129381_8332018.jpg

 様々な種類の蚕やウールを実際に手にとって説明してくださる真木千秋さん
 また、作品を実際にモデルを使って着せて見せてもらったのも、興味深かった。洋服のデザインは、とてもシンプルで、布の耳の部分を利用したりして、なるべくハサミを入れないようにしているのも面白かった。収縮の異なる糸を使うことで織り上がる、台形腰巻きにも感心した。

b0129381_8553139.jpg

 お話会の後、熱心に話している真木さんとジャスティン

 また、1階の道具の展示スペースからスピンドルを借りてきたジャスティンは、エリシルクをみんなの前て紡いで見せてくれた。
ジャスティンの紡ぎ実演動画(クリックするとGoogleのページに飛びますので動画をクリックしてみてください)

 不安だった英語に関しては、iPhoneが想像以上の活躍をして(ウエブの翻訳ページなど)私を助けてくれました(笑)ジョブス、ありがとう☆

 美しいものにたくさん出会えた日、満足して帰途につきました。
[PR]
by workshop-non | 2012-10-14 22:46 | 作品鑑賞