藍染め教室と国際交流?(第2回目の藍染め教室)

 藤野のブライアンさんの藍染め教室に参加してきました。予定外の教室の案内のメールが前日に届いたので、宿題の絞りが未完のままの参加でした。

 今回は、ブライアンさんの友人で、カナダのケベックで地ビール作りをしている醸造師のルークさんと生徒のKさんとIさんにお会いしました。

 はじめに、Kさんが作ったという「すくも」を見せてもらいました。前回も、藍染めの元になる「すくも」を見せてもらいましたが、半生状態のものは初めてでした。藍の生葉から「すくも」を作るのは、以下のサイトをみても大変なようです。すくも作りを専門にしている職人さんもいるくらいですから。
http://www.dento.gr.jp/konyu/jp/jiten.html

 今回の絞りの実習は、藍染めを7回体験したというルークさんに「横引き鹿の子絞り」を教えてもらいました。鹿の子絞りは、絞り器を使う絞り方で、私も学生時代に体験していましたが、すっかりやり方を忘れていました。

 器用に鹿の子絞りをしている白人の彼に、やり方を教わるのはなんとも不思議な体験でした。面白かったけど。

 お昼には、ルークさんが作っている地ビールも振る舞われ、ほろ酔い気分に。今回のルークさんの来日は、モントリオールのビール祭りに日本の地ビールを出展させるためのようでした。

 日本語、英語、フランス語が飛び交う空間は、とても刺激的。ルークさんの母国語はフランス語でしたが、私たちの共通言語は英語。そんなんで、英語がもっと話せるといいなぁと思った一日でもありました。
b0129381_22543752.jpg

 Kさんが作ってきてくださった、「すくも」
b0129381_22552272.jpg

 みんなの作品を干しています。
b0129381_22562870.jpg

 横引き鹿の子絞り
b0129381_22565861.jpg

 割り箸を使っての板じめ
b0129381_22574631.jpg

 日の出絞り
[PR]
by workshop-non | 2008-09-02 22:44 | 藍染め・織り