藍染め教室 3回目

 秋分の日、3回目の藍染め教室に参加してきた。今回は、藍の採取から。採取した藍の種類は、花の色が赤いもの、白いもの、葉がまるい丸葉と呼ばれるもの、タデの4種類を茎から採った。
b0129381_11404669.jpg

b0129381_11413741.jpg

 また、それぞれのタデアイの葉のみも採取した。
b0129381_11421757.jpg

 今年のタデアイの収穫は、3回目とのこと。花が咲く前のものの方が、色素は濃いそうだ。

 タデアイの他には草木染めの材料として、マリーゴールドの採取も行った。花の部分のみを手で摘み取る要領で採っていく。この日は天候にも恵まれ、作業していても、汗ばむ陽気だった。
b0129381_11431043.jpg

 採取の後は、藍の葉のみを使って生葉(なまば)染めを行った。茎を取り除いた藍の葉に、水を加えてミキサーにかけ、酢を加えて、布で染液を漉す。漉した染液は、少し加熱し、そこに真綿を入れ生葉染めを行った。
b0129381_12562087.jpg

 マリーゴールドは、採取した花に水を加え加熱する。黄色の染液がとれるまで、小1時間は加熱していたように思う。黄色の染液がとれたら、マリーゴールドの花をザルで漉す。こちらは、ミョウバンを水に溶かして加熱した媒染液に、染める真綿を漬けてから(先媒染)、マリーゴールドの染液に漬けた。
b0129381_12571484.jpg

 ブライアンさん曰く、マリーゴールドで染めた色が前回よりも色鮮やかに染まったとのこと。毎回、様々な条件によっても染め上がりが違うのが、草木染めの魅力。

 マリーゴールドで染めた真綿を、さらにいつものインド藍の瓶につけて色を変えたりしながら、何種類かに染まった真綿が出来上がっていった。

 その後は、染めた真綿を手で紡いで糸にしていくやり方を教わった。ブライアンさんは、電動の糸紡ぎの様子も見せてくれたけど、真綿紡ぎの宿題は手で行うとのこと。
b0129381_12581410.jpg

 染めた真綿を紡いで糸にしたもの
b0129381_12585770.jpg

 前回の宿題の鹿の子絞りをインド藍で染めたり、盛り沢山な内容の1日でした。
 
b0129381_12593010.jpg

 
b0129381_1302883.jpg

[PR]
by workshop-non | 2008-09-23 23:31 | 藍染め・織り