<   2009年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 今回の藍染教室参加者は、MさんとSっぺさんと私の3名。パーマカルチャーつながりの人々でした。ワイワイガヤガヤと、たのしい日でした。

 お昼には、前日に作ったバーニャ・カウダを披露し、ちょっとしたパーティ気分に。
 
b0129381_23225630.jpg

 みんなと食べると、また美味しいね☆

 今回は、ちりめんを使った袱紗(ふくさ)に挑戦です。図案は、亀甲文様。初めに、正六角形を、紙を折って作ります。コツがつかめるまで、一同、紙と格闘しました。
b0129381_23451086.jpg

 亀甲文様の元になる型が出来たら、それを茶色の型紙に配置していきます。
b0129381_23312241.jpg

 規則的に、この亀甲文様を写すのもなかなか上手くいかず。自然の中にある、亀の甲羅や、蜂の巣の六角形のデザインの素晴らしさに、改めて感動します。実際に、型紙に正六角形を配置してみると、まわりとのバランスが悪かったりして、ここでも戸惑いながらの作業でした。

 型紙に亀甲文様が描けたら、デザインカッターなどで文様を彫ります。その後は、水にぬれると消える性質の青花ペンを使い、生地のちりめんに亀甲文様を描いていきます。 
b0129381_23462564.jpg

 後は、亀甲文様ひとつ毎に、二本どりの綿の糸で回りを細かく縫っていきます。

 時間内に終わらなかった作業は、宿題です。

 先生のブライアンさんの手は、大きいんだけど細かな作業もこなす、魔法のような手です。感心よのぅ。
[PR]
 以前から行ってみたかったYさんのお料理教室に参加してきました。

 今回のメニューは、タコのサラダ、バーニャ・カウダ、イカ墨のパスタ。

 タコのサラダの材料は、茹でダコ、イタリアンパセリ、レモン、オリーブオイル、足りなければ、塩・胡椒のとてもシンプルな組み合わせ。茹でダコ、イタリアンパセリを切り、レモンをギュッと絞ってオリーブオイルで和えればいいのよぉ。
 
b0129381_2262796.jpg

 バーニャ・カウダは、ソースでいただく野菜を食べやすい大きさに切っておく。ここでソースに使うニンニクの芽を取り除くのを、人生で初めて経験しました(いつも気にせずそのまま使っていましたの:汗)。ニンニクをミルクと水で煮る際に、この芽があると、柔らかくつぶれないのだそうです。ふむふむ。アンチョビの塩味でこのソースの味を整える感じです。
b0129381_2373197.jpg

 バーニャ・カウダをつけていただく、ブラウンマッシュルーム、セロリ、ニンジン、ラデッシュがどんどん食べられました。バーニャ・カウダが美味しくて(笑)ブラウンマッシュルームが、生で食べられることも今回初めて知りました。苦手だったセロリもバーニャ・カウダの魔法で食べられましたの!!!おほほ。

 イカ墨のパスタも初挑戦です。イカ墨パスタのイカ墨は、こちらを使用しました。
b0129381_2445917.jpg

オリーブオイルでニンニクを炒めたものに、輪切りにしたイカ、トマト缶を加えます。
b0129381_2474497.jpg

 こちらに、先程のイカ墨を加えると
b0129381_2492150.jpg

 茹でたパスタにからめます。
b0129381_2512419.jpg

 出来上がった料理をみて、彩りがきれいだなぁと思いました。ちょっと元気がない時でも意識的に色彩が豊かなイタリア料理を作れば、その色に元気をもらえそうだなぁとも思いました。
 
b0129381_257022.jpg

 元気をもらえるお料理ってイイネェ!
[PR]
 最近、西荻窪づいていることは日記にも書いているけど、先週久しぶりに『たべごと屋のらぼう』に連れていってもらった。奥の間が出来ていて、今回はそちらに案内され、次のお客さんが来るまで、二人でゆっくりおしゃべりをたのしみながら、お料理をいただいてきた。

 一緒に行った方が体調のこともあり、卵や魚が食べられないという要望にも快く応じてもらえた。

 いただいたお料理は、どれも美味しかった。メニュの一部を紹介すると
b0129381_19857100.jpg

 実物の方が、数段美しいサラダ。食感も色もバラエティーに富んでいた逸品。キンカンの輪切りにしたものも、よいアクセントになっていて、美味しいのぉ。
 
b0129381_19123893.jpg

 土鍋で炊いたレンコンがたくさん入ったごはん。鳥そぼろをつけると、なお美味しいのぉ。器もまた素敵なのよねぇ。
b0129381_19162985.jpg

 デザートも美しく、美味しかったこと。

 ネットでこのお店のことを検索してみると、みんな美味しいという方ばがりな気がする。

 他のお店のこともよく知らないから比較できないけど、ここには毎回訪れる度に感動がある。そして、お店の方々が優しくてほっとする。

 会計を済ませて、お店を出て角を曲がるまで、一人の男性スタッフが小雨にもかかわらず、ずっと私たちを見送っていてくださった。

 私の大好きなお店、のらぼうさん、また行きたいなぁ。
[PR]
by workshop-non | 2009-01-26 19:27 | 日々のこと
 今年初めてのドキュメンタリー(映画)研究会、鑑賞映画は『シロタ家の20世紀』。部長のY氏がインフルエンザで欠席で、参加者3名のほんとにこぢんまりした会だった。

 今回の映画は、事前に情報を得ることなく、全く白紙の状態で鑑賞した。日本国憲法に「男女平等」を書いたベアテ・シロタ・ゴードンさんの家族を描いた作品だ。

 ベアテさんのことも、今回映画を観るまで知らなかったので、私にとってドキュメンタリー映画は、知らないことを教えてくれる先生のような存在なのだと思う。

 ベテアさんの父レオ・シロタ氏は、長年日本のピアニストを育てた世界的ピアニスト。しかし、第二次世界大戦中に、このユダヤ人家族のたどった運命は・・・。

 ベアテさんが、父であるレオ・シロタ氏のことを語る姿は、誇らしく、そして父への愛情に溢れている。

 昨年岩波ホールで上映されヒットしたというこの映画、鑑賞日が土曜だったにもかかわらず、観客が少なくてなんだか残念だった。

 シロタ家の20世紀

b0129381_1321754.jpg


b0129381_134579.jpg

ベアテ・シロタ・ゴードンさん
[PR]
 今年最初の藍染め教室は、1/20(火)だったのに(火曜日は、織りの生徒さんと一緒の日なのに)、参加者は私ひとりで先生のブライアンさんからマンツーマンで教わりました。

 この日は、藍染の染液の調整をしていないというので、前日にスワラジ工房で紡いでいただいた綿の糸は染められず。次回に持ち越しです。

 この日は、去年染めた真綿を、手紡ぎして糸にしたものを、糸車を使って撚(よ)りをかけました。

 今回は、もともと手紡ぎとは言え糸になっている状態を、糸車を使って撚りをかけるだけなので、糸車との相性も思いのほか良かったです(笑)

 はじめに、撚った糸を巻き付ける竹の筒を用意します。ミシンの下糸を巻き付けるボビンのような役目の竹筒です。杼(ひ:織りの際、横糸を通す操作に用いるもの)に取り付けられるように、細い竹の棒を用いました。また、撚った絹糸が引っかからないように、ノコギリで切ったところを小刀で丸く削ります。
b0129381_001783.jpg

 左手で、糸車を回しながら右手前にある先程の竹の筒に、撚った絹糸を巻き付けていきます。
b0129381_04869.jpg

 自分の好みのスピードで回すことの出来る糸車の糸撚りの作業は、穏やかで、愉しいひとときです。
b0129381_07681.jpg


 糸撚りの作業が終わったら、以前宿題で出された雪がテーマの型彫りのチェックをしていただきました。
b0129381_0102466.jpg

 間違ってカットしてしまった部位は、糸で補強して直してもらいました。この雪がテーマの図案は、先生であるブライアンさんが9割方(笑)描いたもの。

 今回は、気に入った図案から型紙をおこす作業です。
b0129381_0132143.jpg

 図案の写真を参考にしながら、型紙に白い色鉛筆で描いていきます。
b0129381_0143215.jpg

 ブライアンさんは、らくらく描いていきます。一方、私はとてもとてもヘタで、嫌になりました。まぁ、練習と思って取り組むことにします。
b0129381_0183100.jpg

 さり気に生けられたハボタンが美しかったので、パチリ。

 この日にブライアンさんのことが、日経BPネットに取り上げられました。改めて、すごいお方だと思います。いい先生に出会えたものよのぉ。
[PR]
 今日は、先日申し込みを店頭でしたスワラジ工房さんの糸紡ぎワークショプに参加しました。

 一緒に参加したJちゃんは、チャルカ(糸車)を持参しての受講です。マイチャルカ私も言ってみたいなぁ(憧れ)・・・。

 早速、先生にやり方を見せていただきながら、オーガニックコットンを紡いでいきます。以前、山梨のアナンダでの講習でチャルカに挑戦した時も、糸にならずにかなしい思いをしたことが、よみがえってきた本日でした。

 先生お手製のチャイをいただいたり、インドのことを目をキラキラさせて語るJちゃんと先生のお話しを聴くのは、とてもたのしかったのですが・・・。肝心のチャルカでの恍惚感は、糸にならずに味わえずに・・・。次回は、なんとかしたいなぁ。

b0129381_23542732.jpg

 先生は気持ちよく、糸を紡いでいきます。
b0129381_23553056.jpg

 カセにします。
b0129381_23563045.jpg

 ネジネジして、糸になりました。
 明日の藍染め教室で、これを染める予定。
b0129381_23574293.jpg

 Jちゃんのブックチャルカ。収納の仕方の説明を受けています。
b0129381_23585524.jpg

 糸紡ぎの後は、ランチをガネーシャ・ガルでいただきました。
 ホウレン草のカレーが美味しかったなぁ。
 Jちゃんとのお話、たのしかったなぁ。
[PR]
 今日は、歯医者の帰り、西荻窪で下車して、街を散策しました。

 初めに訪れたのは、旅の本屋のまどさん。以前から、友人に聞いていましたが、場所がどこかは、よくわからず偶然見つけて嬉しいかぎり。早速、石濱裕美子編著『チベット知るための50章』を購入。本棚にある本をみてると旅に出かけたくなるような品揃えです。
b0129381_0392867.jpg

 その次も友人に聞いていたgalerie nonへ。思わず目についた、フェアトレードの無染色の毛糸の靴下とフンドシを購入。フンドシは、先日訪れたあきる野の真木テキスタイルスタジオのブログで気になっていたので、購入しちゃいました。500円でしたし。

 青地にトンボ模様は、一見フンドシには見えませんのよ。お店の方も「フンドシとして使わなければ、ヒモを切ればてぬぐいに・・・」なんておっしゃるんで、買っちゃいました。使ったら報告するわ(笑)

 その後は、ラ・ペーシュ・ブランでシュークリームとマコロンなど購入。家に帰ってお腹が空いたところでいただいたシュークリームの美味しかったこと。

 お茶をしたいなと思って立ち寄ったのが、qwalunca cafe。本日のキッシュとホットチャイをいただきました。盆栽があちこちに配置してあって、和みました。アスパラガスのキッシュ、ふわっとして美味しかったわぁ。

 また、ウロウロして見つけたお店が、ポム・ド・テール。qwalunca cafeと迷っていたら、閉店時間になってしまったので、アボガドのハーフサイズのベーグルを購入。家で食べたら、これまた美味しかったす。今度は、ランチをお店でいただきたいなぁ。

 お茶の後は、スワラジ工房へ。藍染めの先生のブライアンさんの話しなどで盛り上がり、来週月曜日に、オーガニックコットンの手紡ぎのワークショップに参加することにしてきちゃいました(笑)ああ、知っている人でつながるのって、嬉しい☆

 駅への帰り道の八百屋さんでは、愛想のいいおばちゃんがいたので、イチゴとアボガドを購入して、家へ帰りました。イチゴ小ぶりだったけど、これまた美味しかったわ。

 西荻窪たのしかったなぁ。また、行こうっと。
b0129381_1123833.jpg

 購入の品々。青地にトンボがフンドシですよ。無染色は、天然の毛色とのこと。温かそうな靴下だこと。
[PR]
by workshop-non | 2009-01-17 00:34 | 日々のこと
今日も歯医者さんの受診前に、カイロプラクティック・オステオパシーをしていただいた。

先生は、私の施術の前に手を洗っていて、直接手が触れた顔などは、冷たいんだけど、例えばひざなどズボンの上から触れられたところは、何故かじわんと温かかった。何故なんだろう?

以前も先生に「なんで温かいんですか?」と尋ね、手を触らせてもらったら、手自体はそんなに温かくなくて、ますますわからなくなりましたf^_^;

本日は、「背中と首のつまりはあったけど、顔色もいいし元気ですね」と言われました。

また「最近、咳がとまらないことがあって」と言ったら、「何か出したかったのでしょう」とニコニコされて言われました。

「人が多いところじゃなくて、自然が美しいところに行って、きれいだなぁと思っていたらいいですよ。」と言われました。

咳は、お正月に一緒に青森を旅した友人にも「風邪(の咳)じゃないかもね」て言われていましたが、本人はこれといって思い当たることもないと思っていました。

何かしら、出したいことがあったんでしょうなぁ。
[PR]
by workshop-non | 2009-01-16 13:39 | 日々のこと
 昨日、あきる野市のMさんにオーラソーマのコンサルテーションを受けながら、引っ越したい気持ちがむくむくと湧き上がってきました。

 Mさんちの後には、市内の真木テキスタイルスタジオさんで布を見たり、買い物をしたり、ランチをいただいたりしました。都会から離れていても、魅力あるお店には、人が集まるのだなぁというのを目の当たりにしました。真木さんの布、私には高かったけど、思わずクルタとパンツ買っちゃいました。大事に着たいです。

 その後は、Mさんの奥様のrereさんがやっているTocoへ。Mさんやそのお友だちが買い求めた商品が並べてあるセレクトショプ。ここは、rereさんの制作スペースでもあっていいなぁと思って眺めてきました。

 このTocoの近くには、黒茶屋さんという古民家の炭火焼きのお店もあり、そこのレトロなカフェでお茶をしたり、お庭を散策したりしました。

 天気もよくて青空が美しく、何より川の水が澄んでいて、気持ちがいい日でした。

 そんなんで早速、ネットであきる野や相模湖・藤野の物件を検索してみました。

 どなたかよい不動産情報ありましたら、お知らせくださいませ。
[PR]
by workshop-non | 2009-01-12 23:04 | 日々のこと
今日は、晴れ着姿のお姉さんをよく見かけます。成人式ですかね。

振袖姿、目をひきますね。

自分が成人の時には、振袖なんて欲しいとも思わずにいました。着物は素敵だな、とは思っていましたが。

地元の成人式は、お盆に実施してて、当時私は資格取得のための病院実習で故郷を離れていて、成人式は参加できませんでした。

それでも写真だけはと、姉妹のように育ててもらった従姉妹の振袖を借りて、美容院で着付けてもらった思い出があります。
二十歳かぁ、遠くになったものよのう。
[PR]
by workshop-non | 2009-01-11 09:35 | 日々のこと