<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 ずっと行けなかった藍染め教室。久しぶりに訪れたら、生徒さんが増えててにぎやかでした。

 この日の主な作業は、繭からとった絹糸を撚る。その糸を染める。染めた糸を平結びにしてみる。絞ったちりめんを染める。
b0129381_12521147.jpg

 繭から糸にした絹糸
b0129381_1253652.jpg

 数十本を束ねて、糸撚りの準備をします。この糸を手で撚るのが、慣れるまで難しい。
 それぞれ時計回りに撚った糸を、最後は反時計回りに撚り、一本にしていく。
b0129381_12532257.jpg

 撚った糸を、藍で染めます
b0129381_12533515.jpg

 糸にしたものを応用するために、平結びを綿の糸で練習中
b0129381_12535260.jpg

 絞ったちりめんを染めています
b0129381_1254899.jpg

 染めて酸化させ、また染めて酸化させを繰り返し、色を濃くしていきます
b0129381_12544850.jpg

 教室でいただいた藍の苗は、自宅の小さな庭に翌日定植しました。元気に育ってね。
[PR]
b0129381_2026292.jpg

秋田では、そろそろ根曲竹も終わりです。

実家では、皮をむいてゆがいた竹の子に、味噌・マヨネーズ・砂糖で作ったデップにつけていただくことが多いです。

今晩は、お醤油等で甘辛く煮て、玉子でとじていただきました。

明日は、天ぷらにしてみようかな。
[PR]
by workshop-non | 2010-06-15 20:26 | 日々のこと
b0129381_1323389.jpg

b0129381_13233869.jpg

b0129381_13233896.jpg

笹巻(ささまき)とは、東北地方の餅米を熊笹で包んで茹でた素朴なお菓子です。

今回は、笹巻の市販品を参考に、熊笹を2枚使って巻きました。

葉の重ね方や、巻き始めの位置など、参考になりました。

前回よりも、角がきれいに出るように巻けましたが、2枚で葉の強度が増すためか、茹でてる途中で紐がとれてしまうものが多かったです。

市販品は、笹の色も鮮やかな仕上がりなのに、自家製ものは、茹でると笹の色が褪せてしまいました。

ネットで検索すると、巻く前の笹を重曹を入れて煮る作り方もあるようです。まだまだ改良の余地がある、我が家の笹巻き、次回はもっと上手に巻けますように!
[PR]
by workshop-non | 2010-06-13 13:23 | 日々のこと