<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久々に参加した、美蓮先生の漢方講座は、二十四節気の食がテーマのようでした。

2/19が旧暦の元旦で雨水にあたるから、「一年の計は、春にある」というお話しから。

春は、「陽」を取り込む時期。この時期に、朝散歩したりしながら、「陽」を取り込むことはいいことだそうだ。まだ、風が冷たいから、汗をかかない程度に厚着をしながらがよいとのこと。
朝も、6時頃に起床し、排毒の時間(5時から7時まで)に、排便すればすっきりと一日が送れる。
陰陽五行の表によれば、
b0129381_14552537.jpg
春は、目がショボショボしたり、肝機能が弱まったり、朝涙が自然と出たり、筋がまとまらず肉離れを起こしやすかったりするそうだ。

春に適した食べ物は、旬の野菜。ふきのとう、ほうれん草、菜の花、小松菜、春菊、セリ、シャンツァイ、ネギ、ニラなど。

春の野菜が、肝臓の解毒作用を助けてくれる。

ほうれん草の旬は、1月から3月。おひたしにすると水溶性のビタミンが茹で汁に逃げてしまうので、炒め物、味噌汁、蒸す調理が望ましい。4月になると、花の季節に向けてシュウ酸が多くなるので、4月からは旬の1/8の栄養素になる。

スパイスは、七味唐辛子。これは、「陰」をなくしてくれる。


先生の料理では、灰汁も上手に利用する。小豆を煮る際も煮こぼさず、時間をかけて旨みに変化させる。たけのこも、日本のように米ぬかを用いたりせず、水煮で2時間煮た方が煮汁もスープに使えて、余すところなく身体に取り込むことが出来るとのこと。


本日のお料理
b0129381_15131171.jpg
春巻き
五色の食材が入ったもの
白:ウド、赤:人参、黄:プロセスチーズ、緑:アスパラガス、ピンク:ハム

ふきのとうの胡麻油炒め

クコの黒胡麻炒め

ウドと油揚げのまぜご飯

b0129381_15182669.jpg

左:カモミールティー
右:中国の甘酒に白玉が入ったデザート

[PR]
by workshop-non | 2015-02-21 14:43 | 健康