高尾山にトンネルを掘らないで!!

 11/21は、パーマカルチャーのお友だちが企画した高尾山を守るイベントに参加してきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『アッピコ!』(木を抱きしめよう)
HUG YOUR TREE!!! 〜for TAKAO, EARTH and YOU〜 
11月21日(金)9:00−16:00
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『アッピコ!』というのはインド・カルナタカ州の言葉で
「抱きしめる」という意味だそうです。

 京王線高尾山口で集合した後は、ツリーハウスがある森に移動。
b0129381_9302355.jpg

 気持ちのいい高尾の森の中にある、すてきなツリーハウスでした。
b0129381_954952.jpg

 ツリーハウスの目かな?かわいいんだ。
 このツリーハウスは、高尾山を守るユニークな活動をしている虔十の会<ケンジュウノカイ>の方々とワークショップで集まった人々が作り上げたものだそうだ。
b0129381_104919.jpg

 ツリーハウスの中のステンドグラスも、すてき☆
b0129381_106957.jpg

 ツリーハウスの窓からは、こんな景色が。

 今回はゲストとして、25年間インドの森や川や生き物たちを「木に抱きついて」守り続けている自然保護活動家のヘグデさんが来てくれました。非暴力でインドを独立に導いたガンディーの孫弟子にあたる方だそうです。

 みんなで焚き火を囲み、温かいコーヒーやティーをいただきながら、ヘグデさんのお話に耳を傾けます。
b0129381_10165856.jpg

 午後には、高尾の森を案内してもらい、みんなで木に抱きついたり。
b0129381_10151566.jpg

 アッピコ中のヘグデさん。とてもとてもチャーミングな方なのだ。
b0129381_10224054.jpg

 私が、アッピコした木。コケがふわふわして気持ちよかったです。

 森から(イヤ、ここも森だった。探検からか?笑)帰ってくると、手作りのアップル・バイのおもてなしを受けました。美味しかったなぁ。
b0129381_10271557.jpg

 高尾山にトンネルが掘られるってことは、この山の豊富な水資源がなくなることを意味します。「自分のからだに、穴をあけられるようなことなんだよ」という「虔十の会」代表の坂田昌子さんの言葉には、高尾山を守りたい気持ちがあらわれています。

 新聞やテレビでこの高尾山のことを知っている方も多いと思いますが、実際に現場に足を運んでみると、より身近にこの問題を感じられました。

 多くの方にこの場所を訪れて欲しいなぁ。

 今後のケンジュウノカイのイベントは、以下のページをご覧ください。
http://kenju.tamaliver.jp/c2386.html
  
高尾山のことが短時間でわかる映像

Appiko-to embrace (英語、約30分間の映像です)

追記
ヘグデさんによってこの日のことが、インドの新聞に英文で掲載されたそうです。
Indian Express Bangalore
Women embrace Chipko in Japan

[PR]
by workshop-non | 2008-11-21 23:12 | 日々のこと